×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

打ち方 ドライバー

飛距離が出ない・・曲がる・・等ドライバーに自信がない方へ
【ゴルフ】ドラコン日本一山田勉の30ヤード飛距離アッププログラム

最新ドライバーの特徴と打ちこなし方

「1ヤードでも遠くにボールを飛ばす」というのはプロ・アマ問わずゴルファーにとって永遠のテーマといえるかもしれません。

飛距離を伸ばす方法はいくつかありますが、その中の一つがドライバーの進化に合わせた打ち方をすることです。

ゴルフの世界も最新のテクノロジーによる技術革新がめまぐるしく、ドライバーも日々進化しているといえます。

その進化したドライバーの特徴を最大限に引き出す打ち方ができるか否かが勝負の分かれ目と言えます。

ドライバーの場合、軽量化、シャフトの長尺化、ヘッドの大型化等によって以前のドライバーに比べて飛距離が伸びやすくなっています。

最新のドライバを打ちこなすには以前のように大きなトップをつくることを意識するよりも、体重の重心移動を上手く利用した打ち方がポイントです。

もうひとつのポイントは「バックスイングで無理に体を回さない」ことです。

最新のドライバーの特徴の一つはフォローの際に手首を返さなくてもボールをつかまえることができます。

バックスイングの軌道やトップの位置を気にせず、スムーズなスイングを意識すると良いでしょう。



TOP PAGE